外断熱セミナー|注文住宅のクライムホーム

こんにちは!

クライムホーム黒須です。

 

今年も花粉症の季節になってきました。

皆さまは大丈夫ですか?

今年は花粉が多いようで大変なようですね。

ちなみに私は杉桧の花粉ではなく、

イネ科の植物の花粉にアレルギーがあるので、

これから暖かくなる5月~8月ごろから症状が出てきます。

(30年前から花粉症持ちのベテランです)

 

さて、先日の日曜日に

上尾市イコス上尾で、

『外断熱セミナー』が開催されました。

(展示場ブログにもアップされています)

 

 

当社で施工しているSPI外断熱工法の開発者

中原氏を講師として招いてセミナーを開催。

 

半日セミナーでしたが、

皆さん集中して聞いてくださいました。

 

時間が足りないくらい熱い話でしたので、

質疑応答でもご質問がたくさん出ました。

大変勉強になったセミナーだったのではないでしょうか。

 

 

家づくりの中で断熱材が重要なのは

誰もが知っていることですが、

たくさんある断熱材の中で、

何がどう良いのかわからないことが多いと思います。

 

一般的には内断熱といわれる施工方法が多いと思いますが、

外断熱・内断熱どちらもメリットデメリットがあります。

 

ここで書くと長くなってしまうので外断熱の特徴は

↓ ↓ ↓

http://www.climb-home.jp/sotodannetsu/

 

建築会社を選ぶ際の注意事項を一つだけ書きます。

 

まず、断熱はその家の今後の生活環境に

かなり影響してしまうので、

値段や性能数値だけで判断しない方が良いでしょう。

 

断熱材によっては正規の施工方法が意外と難しく、

(どの断熱材かは書けませんが・・)

実際の現場では隙間や施工不良個所が

出来てしまう場合が多いのです。

日本は湿気が多いので壁の中で

結露が発生しやすくなります。

 

断熱材の施工は職人任せが多く、

現場監督は目視で判断。

壁で塞いでしまうので完成してしまうと

施工不良はわかりません。

 

国は断熱性能の基準数値は決めますが、

その通り施工出来ているかのチェックは建築会社任せです。

 

当社のSPI外断熱工法は施工不良があるかないかわかるように、

第三者機関に気密測定検査で隙間がどのくらいあるのか

検査をしてもらいます。

 

最低でも第三者機関に検査をしてもらっている

建築会社を選ぶことをお勧めします。

 

どの建築会社も独自の仕様で断熱性能をうたっていますが、

実際にその性能で施工できるかが大事だと思います。

 

価格や数値だけに惑わされず建築中の現場など、

必ず自分の目で確認する事が失敗しない一つでしょう。

 

 
┏━┓…───────────────────────────────
┃■株式会社クライムホーム

┃  【URL】http://www.climb-home.jp
┃  【TEL】0480-21-4747 
┃  【営業時間】8:30~18:00(毎週火曜、第1・3水曜 定休)
┗━━…───────────────────────────────