地震により強く

お世話になります、設計部です。

日頃、梁掛けの図面作成をしているのですが、図面上で立体的に大きさを考えながら、無理のない位置にパズルのように組んでいき、完成図面を目指しています。

 

そんな中で先日、いくつかの梁掛け図面担当物件の現場確認へ行って来ましたので報告いたします。

 

上の写真のように、基本的にクライムホームの物件では、二階の床組みの梁をマス目状に組んでいき、SPI工法で使われている通気床パネルを直張りする事で、床の強度を上げています。

何気なく掛かっている梁でも、すべての梁に意味があり全体の重みを柱へ流すために計算された位置に納まっています。

例えば、この場合・・・上の写真のように屋根の棟の位置が小屋裏の窓の上にくる場合は、『天秤梁』と言って、両サイドの柱に天秤のように短い梁を組んで、その上に柱を立てて窓の位置に柱が被らないようにします。

また、屋根に沿って梁を掛ける『登り梁』という掛け方をつかって、空間をより広くとるようにするケースもあります。

 

 

とこのように、完成してしまうと見えなくなるところにこそ気を配り、梁掛けの『天秤梁』や『登り梁』やその他のテクニックを駆使しながら現場に収めていきます。

 

そんな試行錯誤して完成した図面が、施主様お手元の図面書の後ろのページにあることを気にかけてくれたら、幸いです。

以上イノウエでした・・・ではまた(*^-^*)ノシ

 
┏━┓…───────────────────────────────
┃■株式会社クライムホーム

┃  【URL】http://www.climb-home.jp
┃  【TEL】0480-21-4747 
┃  【営業時間】8:30~18:00(毎週火曜、第1・3水曜 定休)
┗━━…───────────────────────────────