外断熱が分からない方はぜひココをお読みください!

自由設計

自然素材

クライムホームの家づくりの秘密

気になる建築現場情報

光熱費0円 ZEHってどんな家?

  • お客様の声
  • 家づくりのステップ
  • 安心のアフターサービス
  • 展示場紹介
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 家づくりのよくあるご質問
  • 用語集

社長ブログ

営業ブログ

展示場ブログ

家づくりを経験した先輩たちのホームページをご紹介します!

クライムホームがお客様から高い評価を得ているわけは、

一流の腕をもった大工とその施工方法にあります。

では、なぜ大工と施工方法にクライムホームはこだわるのか?

理由 その① 1人で建てることで結露・カビが発生しにくい家になる

伝統的に日本の住宅は大工1人で1棟の家を建てることが行われてきました。そこには色々な理由があるのですが、その1つは工期が木を乾かすのに最適だということです。 ※木は乾燥すればするほど、強度が増します。

複数人で家を建てると工期が短縮されるメリットがあります。しかし、工期が短くなることで使用する木材を乾燥させる前に建築が進み内壁や外壁を施工するため、湿気がこもりカビの原因となる結露が発生しやすい住宅になるのです。

1人で家を建てるには時間が掛かります。しかしその工期の間、柱や梁などに使っている木材をより乾燥させることができます。現在の住宅は高気密、高断熱です。機密性に優れている分、なおさら使用する木材がより乾いている状態で壁の施工を行うことこそ、カビや結露を抑えるために必要なこととクライムホームは考えています。

つまり、クライムホームが1人の大工で1棟の家を建てる理由①は結露やカビを抑え、住む人の健康につながるからなんです。

理由 その② 1人で建てることで強固な家になる

技術と知識、経験のある大工が建てる家は、表面上では分からない目に見えない部分で違いが出ます。たとえば1人の大工が家を建てることで強固な家になるということも目に見えない部分です。

クライムホームの家は瓦屋根を採用しています。瓦屋根は耐久性も高く、家の断熱効果などにも役立つ優れものですが、重量があります。実はクライムホームの大工は、瓦屋根の重さを逆手にとって、設置したときに重さが加わることを計算し、柱や梁がよりしっかりとはまって強固な家にするよう施工しています。

複数の大工で建てていると自分の施工した箇所しか家の状況を把握出来ません。それに対してクライムホームの大工は1人で家を建てるので、施工中の家の様々な場所の微妙なバランスを把握しています。そして全体のバランスを考えて、瓦屋根を載せたときの重量を計算し、重さでしっかりとそれぞれの木材がはまるようにできるです。

1人で家を建てるということは、家の全体に目を配ることにつながり、このような目に見えない違いが出ます。一流の大工だから1人でも家を建てられ、一流の大工だから全体に目を配り家の完成度を上げる事が出来るとクライムホームは考え、いまでも1人で1棟を建てることを行っています。

理由 その③ 1人で建てることで施主様の満足度が高い家になる

大工が1人で家を建てるということは、家の全て責任を持つということです。何かがあった場合、言い訳は出来ません。
そして、建てた家は自分の作品となります。だからこそクライムホームの大工は1棟に思いを込めて施工をします。その責任感と熱い思いから建てられる家は、細部へも心の行き届いた施主様が満足する良い家になります。

実は外断熱だけじゃない!クライムホームの家づくり