外断熱が分からない方はぜひココをお読みください!

自由設計

自然素材

クライムホームが選ばれる理由

クライムホームの家づくりの秘密

気になる建築現場情報

光熱費0円 ZEHってどんな家?

  • お客様の声
  • 家づくりのステップ
  • 安心のアフターサービス
  • 展示場紹介
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 家づくりのよくあるご質問
  • 用語集

社長ブログ

営業ブログ

展示場ブログ

家づくりを経験した先輩たちのホームページをご紹介します!

大敵“結露”を防ぐ!家を長持ちさせる通気性

冬暖かく夏涼しいから心地よい空気が通り抜ける家
衣替えをする家=自然三重通気外断熱工法の家

動画で見る! 空気が設計した家 ?やさしい空気の流れる自然三重通気外断熱の家?

夏の場合

夏の場合

冬の場合

冬の場合

断熱による住宅性能

快適な住空間を造るためには「断熱」は不可欠ですが、使い方を間違えると以下のような性能の家になってしまいがちです。

【夏涼しく、冬寒い家】
昔の日本の住宅がこのタイプです。夏は風通しが良くある程度涼しいのですが、冬は室内でコートを着て過ごすような家です。

【夏暑く、冬暖かい家】
北欧型の住宅に多いパターンです。熱を含むタイプの断熱材を使用しているため、冬は暖かいのですが、夏はその断熱材が蓄熱材となってしまします。家庭内熱中症を引き起こしやすい家です。

【夏涼しく、冬暖かい家】
高気密高断熱住宅がこのタイプの一つです。室内が外部の影響を受けにくいのですが、室内の快適な環境を作るためにはエアコンが欠かせません。また、計画換気システムにより室内の換気を行っていますが、内部の湿気を外に逃がすことが出来ないため、内部結露を起こしやすいのが特徴です。

「クライムホームの自然三重通気外断熱工法の家」は夏涼しく冬暖かい住宅であると同時に、自然の力で通気するため、最低限のエアコン運転で室内温度を快適に保つことができます。
また、内部の通気も行うので、内部結露が発生せず耐久性の高い家となります。

つまり、クライムホームのつくる家は、自然の力を利用して“夏涼しく、冬暖かい家”だということです。

断熱による住宅性能

住まいの断熱工法は「外断熱・自然通気工法(クライムホームはこの工法です)」と「内断熱(充填断熱)工法」、「内断熱(吹付け充填断熱)工法」に大きく分けられます。

赤い点線で示すように、外断熱は断熱・気密・防湿層の境界ラインが構造用木材の外側にあるので、蓄熱作用も調湿容量もより大きく取る事ができます。もちろん木材から放たれる木の癒し効果も充分に得られます。
せっかく木造住宅で家を建てたのに、木をビニールシートや吹付け用の断熱材で包んでしまったら、木が持つ蓄熱効果や調湿作用が利用できなくなるばかりかあの人に優しい木の癒し効果も得られません。

結露というと冬に壁や窓の表面につく水滴の事を思い浮かべる人も多いと思いますが、一般には「表面結露」と呼びます。原理は「内部結露」と同じですが、内部結露が構造躯体を腐朽させるのに対して、「表面結露」は壁に水滴が付着することでカビの原因ともなります。

「内断熱(充填断熱)工法」がダメなのではなく、実際は他のハウスメーカーは結露が蒸発する作りが出来ない現状があるからダメなのです。

「内断熱(充填断熱)工法」では、どれだけしっかり断熱材を敷き詰めたとしても、絶対的な隙間をなくす工法になっていないので、どうしても「熱欠損(隙間から熱の流出)」を起こしてしまうのです。
結露は、家の中と外の温度差が12度以上あると発生すると言われています。ガラスだけでなく、壁体内にも必ず発生しているんです。その原因は隙間なんです。なにしろ、そこには断熱材が入っていませんから、温度差は相当なものです。 そして結露(水分)を含んだ綿状の断熱材は次第に重くなり、その重みでずり下がり、熱欠損を起こす部分が多くなってしまいます。数年後には隠れて分かりませんが、水浸しの断熱材に包まれた家が完成します。
しかも、「高気密・高断熱住宅」は気密シートが断熱材が含んだ水分を蒸発させてくれませんので、水分は増えていくばかりです。

例えば、思い出してみてください。ビニール袋に入れた野菜などは中で汗をかいて、空気穴でもなければ悪くなってしまうのは早いですよね?

汗をかくのは水分が滞ってしまうから、悪くなるのは風にさらされないからなんです。
自然がすでに実証してくれている通りなんです。

クライムホームが最新の外断熱・自然通気工法を採用した理由

「外断熱・自然通気工法」は「内断熱(充填断熱)工法」と比べて新しい断熱方法です。一般的には、グラスウールなどの繊維断熱材の充填断熱工法が主流です。

充填断熱工法の問題点

1.柱の部分には断熱材が入っていない(柱の部分から熱が逃げてしまう)
2.断熱材と柱の間には必ず小さな隙間ができる。
3.筋交いやコンセント、水道配管によって断熱材が入れられない部分があり、断熱効果が低下する。
4.壁の中に断熱材を入れると、壁内部の空気の流通が阻害される。


一方、自然三重通気外断熱工法は、断熱材は多少コストが高くなりますが、
1.室内に結露が発生せず、カビ・ダニの被害が抑えられる(アレルギー予防)
2.外気温変動による躯体の膨張収縮が少なく、耐久性が高い(低環境負荷・高資産価値)
3.室温の変動が抑えられ冷暖房の効率が良い(省エネルギー効果)
4.建物内部(部屋間)の温度差が少なく、ヒートショック現象が起こりにくい。

という特長があります。

そういった点を総合的に判断し、クライムホームでは自然三重通気外断熱工法を標準として採用いたしました。
「お客様に本当に快適で長く安心して生活していただける住宅を提供したい」クライムホームのその想いを実現できる工法が「三重通気外断熱工法(SPI工法)」なのです。

外断熱が分からない方はぜひココをお読みください

そもそも外断熱って何?

クライムホームの外断熱はここが違う!

  • 省エネ
  • 地震に強い工法
  • 家を長持ちさせる通気性
  • シロアリ対策と結露対策
  • 耐久性

外断熱のよくある質問

建てる前に、是非、自然三重通気外断熱について見て触れて感じてみてください。

百聞は一見にしかず!!クライムホームの外断熱展示場

  • 久喜住宅展示場
  • 上尾住宅展示場
  • 大宮住宅展示場

実は外断熱だけじゃない!クライムホームの家づくり