外断熱が分からない方はぜひココをお読みください!

自由設計

自然素材

クライムホームの家づくりの秘密

気になる建築現場情報

光熱費0円 ZEHってどんな家?

  • お客様の声
  • 家づくりのステップ
  • 安心のアフターサービス
  • 展示場紹介
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 家づくりのよくあるご質問
  • 用語集

社長ブログ

営業ブログ

展示場ブログ

家づくりを経験した先輩たちのホームページをご紹介します!

クライムホームの外断熱は自然三重通気外断熱工法

外断熱工法には、「気密性は高められるが、躯体内に湿気がこもりやすく結露しやすい」という欠点があるといわれていますが、クライムホームで採用している「自然三重通気外断熱工法」は、断熱・気密・防水・防風性の4つの性能を備えた断熱パネルを使用し、空気の流れをコントロールしているので、結露のしない家を造ることができます。

自然三重通気外断熱工法はお近くの展示場で体験してください

第一の通気層

第一の通気層はSPI断熱パネルの外側にあります。

空気が外壁の下端部分に取り付ける「通気水切り」から入り、「外壁通気胴縁」と「屋根通気胴縁」によって外壁・屋根とSPI断熱材の間を流れ、「棟換気」により外気へと排気されます。
これは機械設備を一切使用しない、「自然エネルギー」によるものです。この第一の通気層を空気が流れることで、太陽の直射熱で暖められた外壁と屋根面の温度を下げることができます。

第二の通気層

第二の通気層はSPI断熱パネルと内装材の間、つまり壁の中にあります。

基礎部分に取り付ける「基礎ダンパー」を開閉することにより新鮮な空気が入り、「通気床合板」「内部胴縁」「小屋裏連通口」を通り、「トップ排気口」から屋外へと排気されます。

第三の通気層

第三の通気層は窓やドアなどの開口部を開放して、「トップ排気口」から排気する経路になります。

一般の建物は、無風状態では窓を開けてもほとんど空気が動きませんが、SPI工法の建物は肌で風を感じるくらい空気が動きます。

夏を涼しく過ごせる理由

夏は涼しい「開放型」

夏期は空気の流れを重視した、開閉式の基礎ダンパーとトップ排気口を開放して建物内に新鮮な空気を供給し、熱気と湿気を自然に排気します。
そのため冷房に要するエネルギーが従来の3分の1以下にでき、抗菌・防臭・消臭効果も実現しました。

屋根・外観に受けた熱は外部通気層と断熱材で遮断され室内はいつも涼しく爽やかです。(建物の熱取得・熱伝導)を未然に防いでくれます。

暑さ対策2

<基礎ダンパー>を開けて新鮮な外気を入れ、家中を通気して、横れた空気や、暖められた空気をトップ排気口へと送り屋外へ排出します。

暑さ対策3

<トップ排気口>と窓を全開にすれば、爽やかで優しい自然の風が部屋に流れ込みます。自然の爽快感が味わえます。

基礎構造

地震時の衝撃を分散。緩和する独自の構造システムを採用。バランスよく配置された耐力壁があるから建物にも傷みなしです。

断熱材の独自開発(特許取得済)

SPI工法の断熱材は、断熱性能に優れているだけではありません。SPI断熱パネルは機密・防水・防湿性能にも優れているのです。

SPI工法独自の基礎

より高い耐久性と快適性を確保する重要な部分。<開閉式の基礎ダンパーと耐圧盤断熱基礎>SPIのインテリジェンスがここにあります。

冬を暖かく過ごせる理由

冬はぬくぬく「密閉型」

冬期は基礎ダンパーとトップ排気口を密閉することで、建物内に発生する熱エネルギーや昼間の日射熱の取得で建物内に自然に熱は蓄積されるので暖房費は大幅に削減できます。

クライムホームの自然三重通気外断熱工法は
体験すれば良くわかります。
ぜひお近くの展示場にお越しください

高品質断熱材

強固なフレームと外気を遮断する断熱工法で快適空間を確保、防音効果も抜群です。<断熱・気密サッシ&ペア(遮熱複層)ガラス構造>この大切なところの仕様もSPI工法の魅力です。

寒さ対策1

地熱の利用と生活発生熱の利用で、暖房を切った夜中でも冷え込みません。冬の朝も快適です。

換気システム

頭がいつも冴えているのは、空気汚染から室内環境を守る計画的な環境システムのおかげです。

通気層の役割

外側と内側の空気の流れが壁体内結露を抑えカビ・ダニの発生も未然に防いでくれる。空気が流れるということはとても重要な役割を果たしているのです。

自然通気工法

建物がダメージを受けて耐久性や快適性を損なう多くの原因は内部結露と通気不足から。SPI工法は自然通気工法で、木の調湿作用を活性化させるのも大きな特徴の一つで、建物へのダメージを長年に渡って防ぎます。このSPI独自の自然通気工法があれば、耐久性も室内環境もすべて安心です。

寒さ対策2

<基礎ダンパー>を閉めてください。冷気の侵入が防げます。

ちょっと裏側からのエピソードを教えます

家づくりをする上で、大工さんの協力は欠かせないものです。
大工さんが嫌がる作業・・・それは屋根裏収納の作業なんです。エアコンもなく、換気も悪い中こもって作業をしなければならない屋根裏収納の作業は、出来るだけしたくないというのがホンネ。でも、それはお仕事ですから、大工さんだってお客様のご要望にお応えしきちんとつくってくれます。

ですが、クライムホームの大工さんは屋根裏収納作業を嫌がりません。

不思議に思い大工さんに聞いてみると、「暑くもないし、寒くもない。しかも空気がこもっているわけでもないので、作業をしていて全く苦にならない」との事。

自然三重通気外断熱工法は、実はお客様にとって住みやすい家であるとともに、その家づくりをしている大工さんにも良い環境をつくってくれていたんです。
エアコンもない中、最初に自然三重通気外断熱工法の良さを知ったのは、実は大工さんたちだったんです。

本来、屋根裏収納は物置として収納スペースで使用される場所なのですが、クライムホームではお父さんの隠れ家として趣味のスペースとして活用される方が多くいらっしゃいます。
自然の空気が流れ、快適に過ごせる場所はリビングや寝室、子供部屋だけでなく屋根裏まで快適か空間がひろがります。クライムホームで建てる家は、どこにいても快適なので、間取りの選択肢も広がり、室内温度の調節が難しいとされる大空間の吹き抜けをつくる事もできるんです。

展示場では、その屋根裏収納、大空間の吹き抜けがある家を体感してみてください。

外断熱が分からない方はぜひココをお読みください

そもそも外断熱って何?

クライムホームの外断熱はここが違う!

  • 省エネ
  • 地震に強い工法
  • 家を長持ちさせる通気性
  • シロアリ対策と結露対策
  • 耐久性

外断熱のよくある質問

建てる前に、是非、自然三重通気外断熱について見て触れて感じてみてください。

百聞は一見にしかず!!クライムホームの外断熱展示場

  • 久喜住宅展示場
  • 上尾住宅展示場
  • 大宮住宅展示場

実は外断熱だけじゃない!クライムホームの家づくり