外断熱が分からない方はぜひココをお読みください!

自由設計

自然素材

気になる建築現場情報

  • お客様の声
  • 家づくりのステップ
  • 安心のアフターサービス
  • 展示場紹介
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 家づくりのよくあるご質問
  • 用語集

社長ブログ

営業ブログ

展示場ブログ

家づくりを経験した先輩たちのホームページをご紹介します!

クライムホームは外断熱No.1 外断熱に関するご質問にお答えします。

外断熱工法って、どういうものですか?

木造住宅の場合、一般的に外張り断熱工法といい、住まいを柱の外側からすっぽりと全体を包んで断熱する工法です。
断熱材が柱・梁の外側にあるため、断熱材が切れ目なく連続し、安定した高い断熱性・気密性が実現できます。

外断熱について、もっと詳しく知りたい方はコチラ

外断熱にはどんなメリットがありますか?

家の内部が外気の影響を受けず、室内の冷暖房効果を外部に逃がさずに蓄えるため、冷暖房消費電力量を抑え、エアコンを停止しても室内温度の上昇・下降が少なく、非常に快適にお住まいいただけます。また、部屋ごとの温度差も少ないので、ヒートショック症候群などの心配もなく、健康面にも配慮した、人に優しい建物となります。

また、家を断熱材ですっぽりと包みこむので、従来デッドスペースだった柱の間や小屋裏まで無駄なく活用する事ができます。小屋裏は、夏でも暑くて居ることができないということもありません。

クライムホームさんの外断熱工法の特徴を教えてください

クライムホームでは、「自然三重通気外断熱工法」を採用しています。
これは、断熱・気密・防水・防風性 の4つの性能を備えた断熱パネルを使用し、空気の流れをコントロールする工法です。
「自然三重通気外断熱工法」は、『あついぞ!熊谷』で有名な熊谷市で誕生した工法で、 “夏涼しく冬暖かく”暮らすことができる、埼玉県の気候に最適な工法です。

外断熱なら結露が発生しないというのは本当ですか?

部分的に正解です。
結露には、「壁体内結露」と「表面結露」があります。外断熱工法を採用した場合、「壁体内結露」は発生しませんが、表面結露は発生することがあります。

外断熱ではシロアリが発生しやすいと聞きましたが…

クライムホームの「自然三重通気外断熱工法」なら、そのようなことはありません。
基本的にシロアリは、浴室の床下のような暖かくて湿気の多い場所に発生します。また、木の腐った匂いに寄って来るという性質があります。
クライムホームの「自然三重通気外断熱工法」は、躯体を風に触れさせて適度な乾燥状態を維持していますので、シロアリが発生する環境にはなりません。

外断熱工法だと、家の耐久性が高まるというのは本当ですか?

本当です。
クライムホームが採用している「自然三重通気外断熱工法」は通気性が高く、断熱材で包みこまれている構造躯体は、外気温の変化や湿度の変化など、外部の気象条件の変化を受けることが少なく、乾燥した条件のもとで使用し続けることによって、強度と耐久性を発揮することができますので、建物の耐久性そのものの向上が期待できます。

外断熱工法だと、外壁が垂れ下がることがあると聞きましたが…

確かな技術とノウハウがなければ、外壁が垂れ下がるリスクはありますが、クライムホームにお任せいただければ大丈夫です。
クライムホームは、外断熱工法で全国NO.1の施工実績があります。
その中で独自の技術開発や技術講習会などを通じて信頼できる職人の育成をいています。

外断熱が分からない方はぜひココをお読みください

そもそも外断熱って何?

クライムホームの外断熱はここが違う!

  • 省エネ
  • 地震に強い工法
  • 家を長持ちさせる通気性
  • シロアリ対策と結露対策
  • 耐久性

外断熱のよくある質問

実は外断熱だけじゃない!クライムホームの家づくり