外断熱が分からない方はぜひココをお読みください!

自由設計

自然素材

気になる建築現場情報

光熱費0円 ZEHってどんな家?

  • お客様の声
  • 家づくりのステップ
  • 安心のアフターサービス
  • 展示場紹介
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 家づくりのよくあるご質問
  • 用語集

社長ブログ

営業ブログ

展示場ブログ

家づくりを経験した先輩たちのホームページをご紹介します!

家づくりはシロアリ対策と結露対策が重要

シロアリの発生原因

シロアリの発生原因

シロアリは、次のような2つの条件が重なると発生します。

1.シロアリが住む理想的な環境であること。
シロアリは乾燥した場所を嫌うため、湿度が高くて、光や風のない場所を選んで巣を作ります。

2.好きなエサがあること
普通のアリと違い、シロアリは遠い場所から餌を運んでくることがないので、餌がある場所(餌となる木材がある場所)がシロアリにとって最適な環境であると、そこに巣をつくります。

結露する家+風通しの悪い家=シロアリの絶好の棲家(すみか)

家の中の水蒸気ってどんなところで発生するの?

結露には、ガラスや壁などに発生する「表面結露」と壁の中などに発生する「内部結露」があります。

表面結露は目に見えますが、内部結露は壁の中で発生しているので分かりにくいのが特徴です。

「冬場のガラスについた結露って嫌よね~」なんてのんきに井戸端会議していてはダメですよ!ガラスは拭けば良いのですから!
ほんとうに怖いのは「壁内結露(内部結露)」なんです。壁の中だってガラスと同様に水分がついてしまうんです。しかも、一生拭くことの出来ない水分が・・・。

柱や筋交いの“間”に断熱材を入れる「内断熱工法」の場合、“柱や筋交いそのもの”には断熱処理をしないので、住宅の中に“断熱性能の弱い部分”が生まれてしまいます。それは、壁内での結露発生の原因にもなるのです。また、綿状の断熱材は、どうしても「絶対的な隙間をなくす工法」にはなっておらず、その少しの隙間が“断熱性能の弱い部分”を作るので「熱欠損(隙間からの熱の流出)」を起こすのです。その結果、12度以上の温度差が生じた時、「壁内結露(内部結露)」が発生してしまうのです。

断熱材は水分を含み重くなった結果、ずり落ち、壁上部ににさらに隙間を作り、そこにまた結露が発生し、さらに水分を含み・・・といったように月日が経つにつれ、水分を含んだ断熱材は断熱性能もなくなり、シロアリの絶好の棲家をつくってしまいます。簡単なイメージで言うと「水浸しのお布団をかぶせている状態」はシロアリが大好きな場所になってしまうのです。

壁内で結露が発生するという事は、壁内に「湿度の高い環境」を作ることになり、シロアリだけでなく、家蟻の巣にもなり、さまざまな被害が起きることになるのです。

だから、結露対策とシロアリ対策は密接な繋がりがあるんです。

クライムホームでは、結露対策とシロアリ対策としても三重通気外断熱工法を採用しています。
シロアリにとって居心地の悪い家づくりとは、三重通気外断熱工法の家なのです。

三重通気外断熱工法の家は、家全体に空気が流れているので、空気溜まりがありません。
そして、空気が流れているからこそ、湿気も溜まらず、たとえ水分が侵入したとしても乾燥してしまうのです。

それぞれの場所にあった”ビス”を使用しているので断熱材がずり落ち、隙間が出来るなんてこともありません。

実際に展示場には、三重通気外断熱工法で使用している断熱材に触れることもできます。
丈夫で、軽く、湿気に強い部材であることを、見て感じてみて下さい。

クライムホームでは三重通気外断熱工法を取り入れて建てられたお客様から、シロアリ被害や結露被害の報告は1件もありません。
高温多湿の日本の夏をいかに過しやすくするか、そして家にも無理をさせないか、人と家に優しい工法がシロアリや結露から守ってくれる三重通気外断熱工法のクライムホームの家なのです。

三重通気外断熱工法は結露しない家を造ります

クライムホームの建てる、三重の通気層を持つ三重通気外断熱工法なら、夏期は、基礎ダンパー・室内窓を開けることにより、新鮮な空気を建物内に取り込み、トップ排気口から湿気を含んだ熱気を排出します。

冬期は、基礎ダンパー・室内窓・トップ排気口を閉めることにより、寒気の侵入を防ぎ、暖房器具や人体からの生活排熱も屋外に逃がさずに建物内を対流により循環させ、結露を防止します。

つまり、建物内の温度差を少なくできて、湿度の均一化も図れるので、結露の発生も防ぐことができるのです。
だからこそ、湿気を好むシロアリが発生する環境を作らないことになるのです。
内部結露だけでなく、雨漏りなどで内部が湿った状態は、目に見えないところで進行し、気付いた時には手遅れということになりかねません。木材が腐朽した部分やシロアリに浸食された箇所を全て補修するとなれば、莫大な費用もかかります。

クライムホームの三重通気外断熱工法でシロアリの心配のない家づくりをしてください。

シロアリの心配がない家造りをしたい方は、こちらからお問合せ

外断熱が分からない方はぜひココをお読みください

そもそも外断熱って何?

クライムホームの外断熱はここが違う!

  • 省エネ
  • 地震に強い工法
  • 家を長持ちさせる通気性
  • シロアリ対策と結露対策
  • 耐久性

外断熱のよくある質問

建てる前に、是非、自然三重通気外断熱について見て触れて感じてみてください。

百聞は一見にしかず!!クライムホームの外断熱展示場

  • 久喜住宅展示場
  • 上尾住宅展示場
  • 大宮住宅展示場

実は外断熱だけじゃない!クライムホームの家づくり